Q&A
よくある質問
Q&A

税理士が対応できる業務などよくあるQ&A

様々な手続きがある相続は、知識やノウハウがないことで思いがけずトラブルになることもございます。専門家として相続相談を承ってきた豊富な実績があり、円満かつ円滑な手続きで安心できる相続を実現いたします。よくある質問をQ&Aにまとめましたので参考にご覧いただき、お気軽なご相談をお待ちしています。

  • 税理士が必要かどうかよくわからないのですが…

    税理士が必要かどうかは、事業の内容や資産の状況によって決まってきます。

    法人・個人事業といった事業形態によっても異なりますし、現金・土地・建物といった相続財産の種類によっても異なってまいりますので、

    少しでも疑問を抱かれましたら一度税理士相談することをおすすめします。

    ひとくちに税理士といってもさまざまで「何もしてくれない…」

    相談にのってくれない…」というご意見も耳にしますので、税理士選びは慎重に行うようにしましょう。

  • 税理士は具体的に何をしてくれるのですか?

    税金の計算に加え、経営にまつわる全ての疑問・お悩みにお答えすることが当事務所の考える税理士業務です。

    当事務所のノウハウを超える問題に関しても、弁護士・司法書士・社会保険労務士・建築士などの専門家と連絡をとりながら問題の解決を図ります。

    税金計算だけでなく、お客様の繁栄と発展を全面的にサポートする事務所であり続けることをお約束します。

    経営者にとっての一番の相談相手として、諸問題にあたってまいりますので、なんでもご相談ください。

  • 行政書士とはどのような職業でしょうか?

    行政書士とは行政書士法にもとづく国家資格者であり、弁護士や司法書士同様に法律の専門家です。

    生活によく使われる法律知識を一般の人たちに提供するため、「あなたの街の法律家」と称されることも多いです。

    また、行政書士は士業の中で、業務範囲が最も広い職業でもあります。当事務所では、主に遺言・相続・会社設立関係業務を承っております。

  • 司法書士と行政書士はなにが違うのでしょうか?

    端的に言えば、司法書士は裁判所や法務局などの“司法機関に出す書類”を代わりにつくってくれる職業です。

    多くの方にとって身近なところでは、不動産や商業登記の申請書類代行をしています。

    一方、行政書士は“官公署等に提出するための許認可関係の書類”を代わりにつくってくれる職業です。

    公正証書遺言や法人設立届出、許認可申請が代表的な業務例として挙げられます。

  • 業務時間外のご相談をお願いしたいのですが…

    お客様の要望に合わせ、可能なかぎり時間外の対応も承っております。

    お問い合わせの際にご希望の日時をお聞かせください。

初めての相続相談でご不安な方も、安心してご依頼いただけるようお問い合わせの多い質問をQ&Aに掲載いたしました。「手続き税理士が必要なのかよくわからない」「どのような手続きサポートしてもらえるのか」など、相続に関する疑問やご不安にお答えしています。豊富な知識と実務経験があり、相談者様にとってベストな形を選択できるよう一緒に考えてまいります。他の士業とも連携していますので、相談窓口がわからないという方もお気軽にご相談ください。専門家によるサポートで、スムーズな手続きを実現しましょう。